2012年8月4.5.11.12日
多摩市少年野球連盟
会長杯・桜美林杯
救護支援・後援支援

多摩市少年野球連盟の主催最大イベントに救護と大会後援の支援を行っております。
開会式では会長・理事長と本大会の安全と成功を祈り、院内スタッフ総員で支援して参りました。
突然「足を引きずっている・・」の一報を受け症状から「慢性的な弱点」を予診・・今までの経緯や症状から説明すると「ズバリ的中」で保護者、指導者からは「整復師」への信頼がご理解頂けたようです。
慢性的な症状でしたのでストレッチ指導を重点的に行い、今後に役立てる事が出来ました。

毎年、会長杯親善大会での優勝・準優勝チームから選ばれる「殊勲賞・敢闘賞」の個人賞を当院から盾を贈呈しています。
今年は優勝した大三連ネオナインから篠原君・準優勝の南八王子クラブから廣井君が受賞し、栄誉と活躍を称えました。

国体関東ブロック大会
ハンドボール救護支援

2012年8月6日7日に国体関東ブロック大会ハンドボール競技の救護活動に行ってきました。
岩崎先生が7日に明星高校に戸苅先生が6・7日に佼成学院にいきました。
どちらも無事に大きな怪我はなく終わりました。

多摩市自転車安全講習会にて

多摩市サイクリング・自転車協会及び共催の一般社団法人LCSより「都内最大規模」の自転車講習会の危機管理体制の対応として、当院が所属する社団法人東京柔道接骨師会南多摩支部に「救護支援要請」があり、当日院長中沢が終日支援に行って参りました。
この模様は「FNNニュース」翌日の朝日新聞にも取り上げられた450名規模の大講習会でした。
AEDを含む救護準備を整え支援に向かいましたが、事故、怪我も無く無事閉講しました。


多摩市長・体育協会山田会長も駆け付け見守っておりました。

いよいよ「コース講習スタート」
少し緊張気味の子供達もいましたね・・
写真右は、主催者小泉代表とのツーショットです。
子供達のため、市民の皆さんの力になりたい志が共通し、共に多摩市の幸せを考え続けています!!
パネルに賛助支援した企業や店舗の紹介がありました。
当院もこの事業運営費用に賛助協力を致しました。
FNN ニュースの模様は ここ からご覧ください。